人生を虹に例えたライフキャリアレインボー。虹の色は、役割で彩ります。役割は多いほうが虹の色合いは豊かになり、その役割を「やらされる」とか「いやいや、やらなければならないからやる」ではなく、主体的に役割を担う。笑顔で幸せな気持ちで役割を担うことで、虹の色が輝くのです。ライフキャリアレインボーの理論を提唱されたドナルド・E・スーパー。私は、この理論で出会って、人生をさらに欲張りに何もかも楽しもう!と思いました。今日は、自治会の新年会でした。「新年をお祝いして、自治会員のみなさまご一緒に新春の賀会を催したいと存じます。」と書かれた自治会からのお知らせ。私の属する自治会は、まさに、ダイバーシティによる学びが多い会です。職種においても、学校の先生方、公務員の方、ドクター、元消防士の方・自衛隊の方、土木に関わる方、製造職の方、飲食店を経営されている方・・・と様々。年齢も幅広く、私は、みなさんとの時間が大好きです。昨日は、若者の夢を聴いて、自分の出来ることを描いてワクワクしたことを書きました。今日は、シニア世代の方々が、私の夢を真剣に聴いてくださって、応援してくださいました。夢を応援したり、されたり・・・やはり、人は人によって幸せな気持ちになれる。明日からはお仕事始めの方も多いと思います。職場以外の繋がりから得られるアイディアや、心の豊かさから、今の仕事がもっと素晴らしいものになるかもしれません。労働生産性を高め、付加価値の高い仕事を生み出す。2017年、働き方改革は身近なところからかなと思った有り難い時間でした。