「節水にご協力ください

道の駅たかのをご利用いただき、ありがとうございます。

当地は、中国山地のてっぺんの町です。標高が高く、下流のように豊富な水量はありません。貴重な雪どけ水を、町の皆で大切に使用しています。

トイレをご利用の際は、普段にも増して、節水にご協力くださいますようご理解とご協力をお願い申し上げます。」

道の駅たかの。そこで見たのは、除雪車が雪を放出している姿。除雪車が走っている姿は何度も見たけれど、その雪をはき出している姿は初めてみた。

昨日、列車の遅れで、車で広島へ移動した。今日は、広島駅からの高速道を無事に通れるか、心配していたが、見事に除雪された道路。そして立ち寄った道の駅で見たもの。

このメッセージを見ながら思った。雪は道にあると危険だけれど、ないことを私も願ったけれど、中国山地のてっぺんの町では、生きるために必要なもの。

私の身近なことで振り返る。要らないと思っているものが本当は、とってもかけがえのもの・・まだまだ、たくさんある気がした。

感謝しよう。