1月1日から、毎日コラムを書こうと決意した。

100回めを迎えた。自分でも出来るかどうか自信がなかった。実現できたのは、一人の力ではない。

昨日、親友っていいなと書いたが、高校の同級生が読んでくれていることを知った。ひさしぶりにお目にかかった女性に「毎朝、楽しみにしています」と言っていただいた。「このコラムを見て頑張ろうと思えています」というお声もいただいた。

だから、続けられた。これからも続けていく。

発信すること、アウトプットすることは、自身の学びになることを再認識した。そのテーマについてリアルに語り合う機会もあった。また、書きながら、たくさんの気づきもあった。

口で言うのは簡単。頭で考えるだけで動かないのなら、何も変わらない。

時間を大切にしたい。何となく毎日が流れていく気がしたとき、毎日、きちんと何かをしたいという思いが湧き起こったのが、きっかけだった。

やってみないとわからない。

何となく、少しだけれど、自信につながっている。大きなことに取り組むときに、このコツコツ積み上げていることが自分の心を支えてくれる。

100日続けると、習慣化される。これからも、ずっと続けていける自信につながっている。

何でもいいから続けてみることを決めてみよう。その先には、やった人にしかわからない「何か」があるはす。

明日から、少し非日常的な新しい経験の毎日が始まる。新しい経験から感じることや気づき、発想。コラムに丁寧に記していきたい。

100日間、読んでくださってありがとうございます。101回目からも、書き続けます。