「いつまでも自分の力に満足しない。ステージに立つたびにまだまだだと思う。」私が尊敬しているギタリストの言葉。

人は、自分の力に満足したときに、それ以上伸びなくなるのかもしれない。彼のギターを最初に聞いたのは、約20年前。ずっとライブで音を聴き続けてきた。そして、初めてギターのソロアルバムを出し、初ソロライブ。歌のないギターとベースとドラムだけのライブ。ベーシストとドラマーは、解散したバンドの仲間。そう、同じく20年以上、進化し続けている。

芸術そのものだった。アーティストでありギタリストである彼の魅力が融合された見事な音。ずっと謙虚であり続けることは、人の力を無限に伸ばし続ける。

毎回、ライブに行くたびに、パワーをもらっている。それは、ときめくだけではない。「今の自分をもっと伸ばさないと・・・」と、今の自分が全力で仕事をしているか、今の自分に満足して甘んじていないか、自分を戒める。そして、頑張ろうと思う。そんなことを20年間、ライブのたびに思っていたことに気づいた。

いつかは、ソロアルバムを出すという約束を守りたいという思い。その時期は予定していた時よりずいぶん先になって、やっと発売された。きっと、ソロアルバムを出すレベルのハードルをどんどん上げていった結果だと思う。

改めて、すごい人だと思った。尊敬している。いつまでもギターを弾いてくれること、ステージに立ってくれることに感謝している。謙虚さは成長の源。

私も、頑張り続けたい。