沖縄・九州大会㏌福岡

CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)の全国大会が年に一度、開催される。今年は、沖縄・九州支部。福岡にて。現在の会員数は、15,000名を超えている。安定して増え続けている。

大会の受付の空気感。そう、これなんだ。他の会とは違う。揺るがない「つながり」がある。再会を心から喜ぶ。がっちり握手を交わす。この感覚だ。

日本キャリア開発協会が発足してから理事長をされていた立野理事長が退任されるという特別な大会でもあった。

「キャリアカウンセリング機能を社会システムとして具体化する」という理念のもと、ぶれない軸で私たちに常に真剣に向き合ってくださった理事長。どんなに組織が大きくなっても変わることなく、「人間のぬくもりを大事にしながら歩んでいける」の言葉どおり、一人ひとりに丁寧に関ってくださる。

理事長の言葉で印象的だったこと。

今の自分の目の前になるものをしっかり見つめ、変化をどんどん取り入れていく。切り拓いていく。前に進んでいく。そうして、この組織はずっと継続していく。

私の目の前にあるものをしっかり見つめよう。そして前に進んでいこう。

組織の継続。思いを紡いでいく。