緊張する3要素。①知らない人の前で話す②誰かと比べられていると思う③準備不足

この中で、自分自身でコントロール出来るのは、準備をすること。

毎日コツコツと努力を積み重ね、練って練って練り固めるように練習を重ねる。

そして、本番で力を発揮できる。もしかすると、練習の時以上の力を本番で発揮できるかもしれない。

50年生きていると、いろいろな経験が増えていく。準備不足で失敗した経験は、かなり前のものも覚えている。なぜか、忘れられない。その時の自分への悔しさや、申し訳なさを感じ、かなり落ち込んだ。

そして、だんだん、練り固めるような準備をするようになった。なんとなく出来そう・・・の根拠なき自己効力感を持つのはやめた。

努力した人がうまくいく。才能だけではない。避けて通れる道をわざわざ避けずに通るからこそ、見えてくる喜びもある。

7月になった。さわやかな夏のような気持ちでいられますように。そして、心が喜ぶ瞬間の連続で仕事をしよう。