広島県働き方改革事業、公募で選ばれた5社のうち、1社を専任で関わらせていただいている。

今日は、全社員参加のキックオフ研修会。

社長から、働き方改革実行の宣言~私たちが働き方改革に取り組む目的~をお話いただく。Vol.155 「働き方改革経営者の覚悟」に書いた社長の覚悟。経営者の覚悟はコンサルティングを始めるのに不可欠だ。経営者が、改革が出来ない理由ばかり並べる企業は、何も始まらない。改革が必要ない、出来ていると思っている経営者も多い。経営理念である関わる人の幸せを実現させるためには、労働生産性を上げるしかない、ならどうすればよいか・・・みんなで考え、みんなで取り組もう!社長のぶれない思いを宣言されることから始まった。

付箋に課題と解決策を出していく。限られた時間にどんどん出てくる。そして、発表も時間内できっちり終わる。既に労働生産性が高いだろう会社。お客様の満足度を高めたい思いから、時間が長くなる。仕事が好きだからこそ、もある。今こそ、改革の時。

100年続く企業でありたいという社長の思い。

創業約25年。社史に、このメンバーで働き方改革に取り組んだと残る事業にしたい。この改革を経て、75年経って100年を迎えたとき、どんな会社になっているのだろう。

そこに関わることを誇りに思う。コンサルティングに訪れたくなる会社。お客様も、きっとそのような思いになられるのだろう。希望のニーズで満たされている。