警察官という仕事を選んだ女性。島根県警の女性警察官のためのキャリア形成と題して、1時間のセミナーを。

対象は、県下すべての女性警察官で、約70名。

島根県警察本部にも、「女性活躍推進係」が新設され、取り組まれている。

女性警察官の仕事は、ライフイベントを迎えた女性が働き続けることが難しい仕事でもある。しかし、仕事と家庭の両立を、それぞれで考えるのではなく、仕事も家庭もまるごと自分らしい色で彩り、相乗効果で人生全体を豊かなものにしていく発想もある。仕事をしているからこそ、家庭でも笑顔で家族と過ごせる、家庭での時間があるからこそ、仕事を頑張れる。

自分らしさは、自分と自分を含む社会をどう捉えているかを見つめることで見えてくる。正解、不正解はない。今日のセミナーはわずか1時間だが、「キャリアについて自身で未来を描いていくことへのモチベーションを高めて欲しい!」と願いながら、キャリアについての考え方、ワーク・ライフバランスの捉え方をお伝えした。

表情が少しずつ明るくなったり、キラリと光る瞬間が見えたり・・・私が、この仕事を続けたいのは、キャリアという素晴らしいこの言葉を知ることで、人生が変わる、毎日、それを意識せずに送っているなんてもったいないと思うから。

会場を後にするとき、入る瞬間とは違う場の空気を感じることが出来た。

これからも、自身のキャリアに向き合う素晴らしさを伝えていきたい。