今日は、ひさしぶりに何時間もパソコンに向かった。午前中、時間を区切りながら、労働生産性を意識して研修のテキストづくり。参加者名簿を見ながら、研修当日をイメージし、テキストの流れを作り込んだ。この時間が、妙にワクワクする。何を求めて受けにきてくださっているかを、とことん考えると、伝え方やメリハリの付け方も変わる。

そして、研修のご提案書を作成する機会をいただき、かなり頑張った。午後からは、地元でのコンサルティング業務が入っていたので、一旦、中断したが、考えが止まらなくなるくらい書くことに没頭した。

自分のしたい仕事が、明確になっているのを感じる。使命のようなイメージ。信頼できるスタッフのおかげで、それに特化できる。ありがたい。

このコラムも200編を超えた。100を超えたときは、頑張った~感があったが、100から200は、自然に訪れた感じ。こうして、習慣になっていくのだと実感する。

毎日続けることは、心を強くし、何かに臨むときに自己効力感につながると言われているが、最近の仕事を振り返るとそうなのかもしれないなあと思う。

本物であること、ありのままであること。それが心身の健やかさや感情的な安心感につながっている。

時間を大切にしたい。