8月も終わる。

毎日、息子に「何が食べたい?」と聞くと、「美味しいもの」と答える。昨日は、「家庭的なもの」

家庭的なもの・・・・とりあえず、季節のもの、地のもの、と思い、サンマを焼き、大根おろしを用意し、鶏肉、こんにゃく、にんじん、しいたけなどを合わせた煮物を作る。

息子のひとこと。「今月のご飯の中で一番おいしい!」食べながら、何度も「美味しい」を繰り返す。美味しいと言われると、また作りたくなる。そして、ご飯をつくるということは、人に喜んでもらうことだと改めて感じ、ものすごく幸せな気持ちになった。

そして、一夜明けた今日。また、同じ煮物のリクエスト。さらに、肉じゃが。

帰宅は9時近かったが、買い物に寄り、作る。また、美味しそうに食べてくれた。赤ちゃんのときの写真を見ながら、将来、こんな味覚になっていると想像していなかったな・・・と思う。

9月の一番おいしいご飯は何になるのだろう。。。来月もがんばろう。