講演をさせていただいた企業様の会長と、ゆっくりお話をさせていただく機会をいただいた。

全員、正社員。女性活躍推進においても先駆者的存在の会社だ。女性の管理職比率は33.3%。会長は、女性だから出来ないとは思わなかった、男性でも女性でも怖がらなければ電柱にも上れる。と、話してくださった。建設業だ。もう、20年以上から女性が現場で働いていた会社。

そして、車での移動中、「できない子なんて一人もいない。」というようなことを(その時に感動しすぎて・・・もっと味わいのあるお言葉だったと思う)つぶやかれた。今まで育てて来られた全社員への愛に満ち溢れた言葉だと感じた。社員を育てるのは会社の責任というようなお話をしてくださった。

そう、最近の若い者は・・・ではなく、きちんと一人ひとりを見て、可能性を信じて育てるという思いと姿勢。

心が揺さぶられた。