またまた息子の話・・・になる。

今日は、温泉に行きたかった。なんとなく、緩やかな日で、ずっと研修が毎日のように続いていたので、身体も心も求めていた。

なのに、行けなかった。時間の使い方が不器用すぎた。

息子にそのことをつぶやくと、お風呂をきれいに洗い(3歳からお風呂を洗う係)お湯をはってくれた。

「風呂、入れとるよ。」

さりげなく言ってくれる優しさ。同居人として、かなり居心地のよい関係性。

子どもの面倒を見ないといけないから大変と思ったことはない。面倒を見ていると表現すればそうかもしれないが、自分たちのそれぞれ出来ることをしている感じ。

家庭の中での支え合いとくつろぎ。ワークへの相乗効果に繋がっている。