土日の仕事は、午前9時から午後6時30分までの講座。なぜか、疲れない。ものすごく楽しい。この仕事に戻ってよかったと思える。会場は窓が全面ガラス張りなのだが、そこから見える景色がイキイキ見える。

こんな気持ちだと、仕事以外の時間も充実してくる。昨日は、大学時代の親友と飲み語り合った話を書いたが、今朝は、散歩したくなった。会場から少し離れた浅草に泊まったので、雷門通りを歩いた。雷門で、若いカップルに写真を写してくださいと声をかけられる。先日は、「ゆっくり動くことを決めた」と書いたが、行動を変えると、周囲へ及ぼす雰囲気も変わるのだろうか。今までは、せかせかしていたのだと思う。「写真写してください」と声をかけられたのは初めてだった。なんだか、嬉しかった。いろんなことが入ってくる余地のある「隙のある自分」でありたいと思った。

散歩のあと、早めに会場入りをし、一人で朝からモンブランを食べた。普段は甘いものを食べる習慣がないが、食べたい気分だった。

私の中でいろいろ変化が起こっている、そんな気がした朝だった。