孫の表情。産まれて数日しか経っていないのに、表情が刻々と変わっている。見つめていると、30分くらいがあっという間に経っている。いつも分刻みで動いているので、時間がゆっくり流れるこの感覚は新しい。

赤ちゃんは「生きる」ことだけに本能で向き合っている。余分な考えは一切なく、余分な悩みもない。

純粋無垢。

なんて美しいのだろう。

人は、産まれたときは、こんなにシンプル。

たくさんの愛情を溢れるほど注ごう。たくさんの愛を全身で受けて育ってほしい。無条件な肯定的理解。存在そのものを大切にする関わり。まさに、こういうことなんだなあと思う。

命を自ら懸命に守ろうとしている姿。赤ちゃんの持つ力はすごい。

これからも計り知れない素晴らしい出来事をもたらしてくれるのだろう。感謝でハートは満ち溢れている。