コネクションプラクティスについて記した書籍「完全につながる」を読んで気づいたことを記してみようと思う。

この学びは、コミュニケーションの改善という言葉を超えて、人間力を養うと感じている。人間力とは、自身に対して変化・成長を遂げ、それを社会の中で実現するイメージを私は持っている。

人は、自分の行動に対して、後悔することがある。それは、どのような時かというと、「考えずにすぐ行動したとき」いつもそのパターンを繰り返してしまう。

コネクションプラクティスでは、ハート(心臓)のパワーを使って脳がすぐ反応してしまう状況から抜け出す方法(コヒーランス)を学ぶ。コヒーランス状態になることで、後悔のない選択をすることが出来る。

ネガティブな感情から抜け出し、反応を選ぶパワーをもつ。そのためには、普段の生活でその練習を繰り返すことで、大きなストレスに直面したとき、効果が得られる。

今日も、コヒーランス状態を何度も意識して味わった。