昨年、予想していなかった事業のひとつがしまね起業家スクールの受託。

今年は、実行委員会は立ち上げられ、運営団体として関わらせていただくことになった。昨年は初めてだったので、すべてが手探り状態で、二人のスタッフは複業という形態にも関わらず、よく頑張ってくれた。今年は、そのノウハウを活かせるので、また機会をいただけたらいいなあと思っていたので嬉しかった。

起業することは、起こしたものを存続させること。在り続けることが大事。どう在りたいのか、なぜ続けたいのか・・・私自身、経営者として常に自問自答の日々だ。

今は、一人ではなく、在り続けることにメンバー全員が注力してくれている。これが何より私を支えてくれるものでモチベーションの源でもある。

マインドアップ編、プレゼン編を担う今年の事業。本質をぶらさず、関わる全ての方と連携をとりながら、起業をされたい方にとって意義ある事業にしたい。