2年前に半年間受講した、島根県主催の人財塾。「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者でいらっしゃる坂本光司先生が「経営者の心得50か条~正しい経営の進め方~」というテーマでご講演くださった。

2年前に受講したときには、社員と社員の家族を幸せにしたいという思いはあっても具体的ではなかった。坂本先生は、具体的に「正しいこと」を教えてくださった。雇用形態は、それぞれでも、社内のことに関わってくれる存在であるならば社員と同じ、と考えて、就業規則を変えたり、新しい特別休暇を設定したり、出来ることから変えていった。

「正しいこと」は、実行し続けたら、会社がよくなる、と実感している。弊社に関わってくれているすべてのメンバーが集まると、なんとも明るくほがらか。お互いが違いを尊重し合い、褒めまくり合う。お客様は、また会いたいと言ってくださる。みんなの魅力度の高さは、私の誇りだ。

坂本先生のお話をお伺いしながら、もっともっと、正しいことを実行しようと心に決めた。コツコツと。ひとつずつ。