宮﨑 結花

2013年株式会社Woman‘sを設立。
1989年に入社した株式会社タカキベーカリー(アンデルセングループ)では、1995年第一子(長女)出産し育児休業を一年間取得する。保育園の送迎が 出来る時間帯の経理職を経て、アンデルセングループの【分社化プロジェクト】に参画。分社後は、グループ全体の採用・教育に携り、2003年5月退社。 2004年第二子(長男)出産。その後、ハローワークでキャリアコンサルティングに従事。2007年Career Blossom(個人事業)代表として、研修、キャリアコンサルティングに関わる。数多くの素晴らしい女性が、社会の中で能力を発揮しきれていない現実に 愕然とし、個人の支援だけでなく、企業において女性が輝くための風土改革から仕組みづくりに関わる必要性を感じ、法人化する。ライフでは、行きたい場所へ は行く、会いたい人には会う、学びたいことは学ぶをモットーとし、インプットの時間は妥協せず、一方で家族との時間をとことん濃密に過ごしている。ライフ もワークもあきらめない!を自ら実践。コンサルティングでは、課題の背景に目を向け、理念と照らし合わせながら、あるべき姿の本質を追求。すべての女性が 輝く日本をめざしている。

もっと詳しく »

狩野 麻理

1997年株式会社石見エアサービスに入社。空港の地上係員として旅客誘導、カウンター業務、若手社員指導などに携わる。第2子出産を機に退職。結婚、出産、子育てと環境の変化に伴い働き方(職業)も変わる中、島根県西部にある事業所の在職者研修を企画運営する仕事に従事した際、弊社代表の宮﨑と出会い、キャリアについて深く考えるようになりキャリアコンサルタントの国家資格を取得。学びを通じ自身のキャリアを見つめ、自己概念を意識することで、目の前の景色が今までと違ったものに見えてきたことでキャリアコンサルタントの奥深さを実感。また、家族や周囲の人に助けられて仕事ができていることに、日々感謝と喜びを感じている。仕事では、株式会社Woman’sの大切にする、人が持つ魅力『らしさ』=『個性』 をより多くの方に気づいていただき、女性も男性もひとりひとりが輝ける社会を目指している。

もっと詳しく »

小野 いづみ

1994年に島根銀行に入社し、本店営業部融資係に配属となる。窓口業務に従事し、ビジネスマナースキルを得る。結婚により退職し、出産、子育てを経て、ハローワークにて受付業務、求職者の就職支援に携わる中で、キャリアの転機に関わることにやり甲斐を感じる。現在は、島根職業能力開発短期大学校にて、学生の就職支援に携わる傍ら、株式会社Woman’sのパートナー講師としてセミナー、研修を任されている。趣味はお菓子作りとマラソン。日課のランニングを、家族と楽しみながら続けている。

もっと詳しく »

岩田 佐知子

保育園勤務中に妊娠し、「子どもと一緒に過ごす時間を大切にしたい」という思いのもと、退職。子育てをしながらPTA活動などで、読み聞かせや学校行事に関わる。10年後、社会復帰を決意し、浜田労働基準監督署に相談員として10年間勤務。現在は介護員をしながら、株式会社Woman’sのパートナー講師として研修等に携わり、キャリアの転機に関われることにやりがいを感じている。「笑顔がたくさん溢れるように」という思いと、いろいろな方とのご縁を大切にしている。趣味は旅行で、楽しいことが大好き。心豊かに過ごしたいと思っている。

もっと詳しく »

山田 由香

2000年、地元の小児科に入社。4年間受付・会計事務、レセプト業務などに携わる。その後、大阪にてテレホンアポインターとして働き、電話応対の難しさを知る。結婚を機に島根に戻り、医療事務・調剤事務・介護事務・歯科事務の講師として8年間講師業に携わる。その後、医療事務として現場に戻り、島根あさひ社会復帰促進センター内診療所、済生会江津総合病院にてレセプト業務・受付業務を行なっている中で、宮﨑と知り合い、再び講師として複業中。楽しいことが好きで、最近は旅行や映画鑑賞、劇団四季にはまっている。

もっと詳しく »

松山 記代子

1986年、株式会社タカキベーカリー入社し、業務部計算係に配属となる。受発注、請求、出納業務携わる。その後、武藤工業株式会社経理部に入社。結婚後、島根県にUターンし、ハローワーク浜田で適用業務に8年間携わり、労働保険(雇用保険)について知識を得る。ハローワーク勤務中に宮﨑と再会をし、国家資格キャリアコンサルタントを取得。契約期間満了を機に、島根県立西部高等技術校巡回就職支援指導員に採用となる。2015年1月より、株式会社Woman’sの経理を主に手伝うようになり、複業中。気の合う仲間と一緒にいる時間と、子供と過ごす時間を大切にしたいと思っている。

もっと詳しく »