新山口駅の新幹線に乗るときは、なぜかいつも走っている。

もう10年近く前に、新大阪行きの最終新幹線に、コマ送りのように動いて奇跡的に乗れたことから、乗れないわけがないという根拠ない自己効力感(個人的達成と呼べるかな?)で、いつも間に合う。

今日は、博多行の新幹線に乗り、娘と夕食の約束をしていた。駅に近づいてエクスプレス予約をしながら気づく。約1時間に1本しかない。これに乗らないと約束時間に間に合わない。気づいてから、信号にかからないように車線変更しながら、駐車場に向かう。これで、満車だったら間に合わない。「空」という青い文字。私が、車を駐車した瞬間、「満」という赤い文字に変わった。

そこからは秒単位で、いつものコマ送りをするように場面が移り変わる。

間に合った。心の中でガッツポーズ。

根拠ない自己効力感は、危険だが、たまにはハートの声に耳を傾けよう。爽快だった。落ち着いて・・・時間は自分の感覚より、ゆっくり流れているものだ。またそう思える出来事だった。