ネガティブな言葉を発しない、と決めている。自分の耳と口は近い。自分が発した言葉は、自分の耳にいちばんに入る。ネガティブな言葉は、心が喜ばない。

「だって」「どうせ」「でも」・・・だ行から始まる言葉は、心が悲しむ。

不思議なもので、思考は現実になる。

そして、ハートの力はパワフルだ。ハートの声に従えば、うまくいったり、ハッピーな出来事が引き寄せられるように起こったりする。

がちがちに固い脳では、起こることが限られるし、緊張してうまくいかないことも多いかもしれない。

ひらめきを・・・明晰さを増していく・・・には、プラクティスも必要。出会えた学びは、私の幸福度を上げてくれ、そして、ひらめきによって、仕事の時間も短縮できる。

その学びをギフトとして手渡せる機会がやっとやってきた。3日間のコネクションプラクティスは、念願の弊社セミナールームでの開催。

ハートが喜んでいる。