看護師向けの就職・転職支援事業を行う株式会社GF(本社:大阪市西区、代表取締役:川口 一成)は7月18日、医師を対象に、オリジナルの人生設計ツール「CaLiP(キャリプ)」を使ったカウンセリングサービスを開始しました。目の前の仕事に精一杯の医師が、自分なりのキャリアプランやライフプランを見出し、無理なく「なりたい自分」を目指せるようサポート。医師の働き方・働く場所の選択肢を広げることで、人手不足が深刻化する地域医療や過疎地医療の問題解決にもつなげます。

「CaLiP」では、趣味や能力、価値観など個人的な項目について、医師に丁寧にヒアリング。それをもとに、資産運用、独立、転職まで含めた、トータル的なキャリアプランやライフプランの構築をサポートします。サポートを行うのは、ライフプラン、転職、ファイナンスなどの専門家。これらの専門家がチームを組み、一人ひとりの医師を支援します。
また、プランを構築したら終わりではなく、定期的な見直しも実施。医師がリタイアするときまで「人生設計の伴走者」として継続的なサービスを提供します。
「CaLiP」によって医師の満足度を向上し、大病院や都市部の病院だけではなく、医療の担い手がいない離島や僻地にまで働く選択肢を広げてもらうことで、医療界全体の活性化につなげたいと考えています。

約2年前から弊社代表宮﨑が開発に関わらせていただきました。医師の働き方を、自己犠牲的な働き方から、持続可能な働き方に。医師という仕事は、価値観、興味、能力でさらに、方向性が分かれるのではないか。最初から敷かれたレールに乗っていくのではなく、自ら切り拓いていく可能性が大いにあるのでは?医師がキャリアについて考える大切さを感じたのが、きっかけです!
今後は支援の専門家として携わります。

詳細はこちらからご覧下さい。

https://www.atpress.ne.jp/news/132399

[CaLiPサービスサイト] http://calip.jp/
[コーポレートサイト] http://www.gf-brand.com/