働く親を子どもはどう見ているのだろう。結婚、子育てで一時仕事を中断するという日本の女性の就業率を表すグラフは、M字のカーブを描いていたが、年々、そのカーブの角度は緩やかになり、仕事を続ける女性が増えている。

私は、子どもが学校に行くように、大人も外に出て社会との繋がりの中で自己実現することは、子どもによい影響を及ぼすと思っている。とはいうものの、自分自身、仕事と子育てをうまく両立できなかった時期もあったし、悩むことも多かった。

今思えば、仕事をしていることで子どもに申し訳ない気持ちがどこかにあり、後ろめたい気持ちになっていた気がする。試行錯誤した結果、私の子どもたちは、不自由ではあるが不幸ではないと思えるようになり、私なりの子育てのスタイルが確立した気がする。

苦しんでいるお母さんたちの何らかの力になれればいいなあと思う。ライフワークとして取り組んでいきたい。