今朝のあさイチで、これからの学校教育についての特集をしていた。

「先生が教えない・教科書を使わない・生徒がテストをつくる」どれが正解でしょうか?すべて正解です~から始まった。

受け身ではなく、主体性を持って自ら学ぶことで、考える力や判断する力などが身につくという内容。2020年に向けての教育改革。アクティブラーニング・オフィシャルの羽根先生がコメンテーター。羽根先生とは山口大学でご一緒させていただいたことがある。経済産業省が社会人基礎力を提唱したころ。内容を見ながら、先生のことを思い出していたら、出ていらっしゃった。「自分で考えて学ぶほうが子どもたちもおもしろいと思う」先生の言われるように、先駆けて取り組んでいる学校の子どもたちは、本当に楽しそうで、ほかのお友だちの考えも肯定し、お互いを尊重し合っている。正解・不正解のないことへのディスカッションでは自分の答えがほかの人と違うことから自己理解が深まっていた。

勉強するとは、社会に出て生きていくためのもの。生きる力をつける。学びのプロセスから学べることは多い。学校の勉強だけ出来てもね・・の声がなくなる社会になればいいな。