山陰での移動。大雪が続く。列車での移動にした。

島根県の宍道湖。「広がりますのは、宍道湖です。どうぞゆっくり景色をお楽しみください」というアナウンス。列車は移動手段であるが、それだけではなく、景色を楽しむことが出来る。そしてそれをアナウンスすることで付加価値となる。「何で移動しようか」と迷ったとき、この水面を歩けるような透明感のある宍道湖を思い浮かべると、列車での移動を選びたくなりそうだ。

付加価値とは、新たにつく出すものもあるが、今あるものを価値づけることも出来る。

そんなことを思いながら、景色を眺めていると、小学生が思い切りこちらに向いて手を振ってくれている。降り返すと、さらに大きく手をふってくれた。

素晴らしい価値がまた増える。なんて豊かな時間なんだろう。