仕事を緩めた2年間。役割の変化でそうしたが、明らかに自分らしくなかった。

働くことが私を健康にしてくれる。今、体重もベスト、肌の調子もいい。

スローダウンするのは早すぎた。

今、仕事で疲れない。

きっと、仕事の量と質のバランスがちょうどいいのだと思う。仕事をしながら、「楽しい」とつぶやく瞬間がある。

「やりたい仕事」を絞り込んだこともよかったのかもしれない。

50歳を過ぎて、自分の働き方と生き方が密接に感じている。無理をするのではなく、心も身体も健やかさを保つ働き方。それは、緩めることで実現するのではなく、ちょうどいい加減を保つことだった。やっとその加減がわかるようになり、法人化して実現した。スタッフ、パートナー講師への感謝の思いでいっぱいだ。