15年間務めたグループ会社の直営店。広島アンデルセンでお友だちと過ごした。

もう退職してから、15年が経つのに(もう15年経ったことにここで気づいた。会社員をしていた年数が流れたのか~)お店に入ると、独特の安心できる空気感がある。変わらない食器も家に帰ったような気持ちにしてくれる。

私が退職するときの社長の訃報を12月に知ったときは、声を出して泣いた。昇格試験で面接を受けた時、地方の営業所でこのままでいいのだろうかともやもやしていたものが消え、青空を仰ぎながら、広島の100メーター道路を歩いたことを思い出す。社長が質問に答える私の話を本当に真剣に聴いてくださって頷いてくださったことがパワーになった。

そして、分社化のプロジェクトメンバーとして近くで仕事をさせていただき、そのお人柄に触れ、この会社がますます好きになったことを思い出す。

退職しても、ずっと心は離れていない。