素晴らしいなあと思えるサービス。

今日、受けたサービスは、そんなサービスだった。

スマートフォンのプラン変更などのカウンターでのやりとり。こちらが求めること以外にたくさんのよりよくなる情報を提供してくださった。人は知らないことは求められない。求めていることだけに応えるのではなかった。

そして、その内容は、おもむろに、会社の利益に繋がるためだけではなく、お客様中心だった。今より、金銭的負担が軽くなるアイディアをどんどん出してくださった。中長期的にみて、継続して利用したくなることで、他社のサービスへと離れることはない。

きっと、私生活も充実されているんだろうなあと思った。しっかり睡眠をとって、いろんなことを勉強して、たくさんの人とのネットワークがあるんだろうなぁと思いながら、心地よく鋭い視点でのサービスを受けた。

どんなにこうすればよいと頭でわかっていても、ハートでそれを感じないと、相手に共感できない。どんなに自分は、共感していると思っていても相手がそう感じられないこともある。観察力と想像力を働かせて、今ここで相手が自分の関わりをどう捉えたかを感じる力が必要。それが感じられれば、コミュニケーションの方法はよりよい方向へ変えられる。

今日受けたサービスは、ここはさらっと、ここは深く、も希望どおりだった。研ぎ澄まされた感覚。それは、普段のなにげない生活から生れる。行動を変えれば心の状態は変わる。

また受けたいサービス。マニュアルだけではもはやお客様を満足させることは出来ない。人生全体を豊かにする意識を企業が持つこと。企業がワーク・ライフバランスを応援する意味を改めて感じた。