人は、自分の力で自然に目が覚める。それを「朝起き」と呼んでいる。

目覚まし時計に起こされなくても、自分の力で起きることが出来る。人の力はすごい。

「眠り」にはサイクルがある。深い、浅い、目覚めの三段階を行ったり来たりする。そのサイクルの中で深い眠りから浅い眠りになり、自然に目覚めるときに起こしてくれるアプリ「快眠サイクル」を使い始めてもう3年くらい経つ。

見えないものが見えると安心感につながる。深い眠りで質の高い眠りは、短い時間でもスッキリ起きることが出来る。

キャリアカウンセラーの養成講座の講師の仕事をしていたころ、9時から開始なのに、目覚めたら9時10分だったという夢を見ていた。テレビの時刻を見ても、何を見ても9時10分。そして目覚めて、ほっとする。夢でよかった、と・・・。寝過ごしたことは一度もないのに、寝る前にドキドキしていた。6時には起きて、万全の態勢で講座が始まる瞬間。毎回、スキップしたくなるようなスタートだったことを思い出す。あの感覚がずっと続いていて、今日は地元で夜のセミナーだったが、始まりは、ここにいることに幸せを感じ、スキップしたくなる気分。

明日は、経営者モーニングセミナー。朝起きから始まり、夜は同じくセミナー。スッキリ起きよう。