週末は、大阪で仕事だった。コラムにも書いた講師養成研修。

その翌日、お誘いいただいて訪れた京都で開催されていた「スペイン祭」ワインやお料理、たくさんのお店が出店されていた。セミナーも開催されていて、活気に満ちあふれていた。

ここは、スペイン?というような真っ青な空。澄みきった空気。湿度も低くからっとしている。大学生の時に、卒業旅行で親友と2人でスペインへ行った。彼女は、今も、キャビンアテンダントとして世界を飛び回っている。

当時、ホテルも予約せず、航空券だけ用意して旅立ち、エンジントラブルでタイで過ごし、到着時刻が真夜中になり連れ去られそうになったことを思い出す。そして1週間滞在した日々、旅行というより生活を楽しんだ。生活を楽しむ、シエスタの時間のゆとり。日本とは違う空間に身を置くと、違う自分を発見できる気がした。

そんな開放的なスペイン料理店を営む皆さんだからなのか、からっと晴れ渡った空のように明るく、同業他社の方々がとにかく仲がいい。お互い、笑顔で声をかわしながら、イベントの様子を共有し合う。

そのつながりを感じる時間。居心地がよかった。

同業他社を尊重し合いながら、発展していこうという考えで経営をしている企業で育った私は、今も、同業他社との繋がりを大切にしたいと思っている。

キャリアコンサルタントという仕事をしている人が大切にしていること。そこでつながる。もっともっと日本に浸透させていきたい。その思いで繋がりが深まる。

同業他社のつながり。私が大切にしたいもの。改めてそれを感じる機会をいただいた。