本日の日経新聞のWomen&Workの「育休後のキャリア仕組みで支える」

人材サービスのエン・ジャパンの育休後の制度導入について書かれてある。

育休明けの女性は補助的な業務を振られることも多いので時短勤務者の評価基準があいまいになりがちで本人の就業意欲が高まらない傾向があることをふまえ、制度を設けている。

制度の内容は、考課レベルが一定以上である社員は、一定時間分の残業代「見なし残業手当」がつくというもの。一定レベルに早く到達しておこうという出産前のキャリアアップに対するモチベーションアップ効果もあるとのこと。

素晴らしい。女性は出産したらキャリアアップへの道が閉ざされてしまうことから、最初から熱い思いが湧かないことも多い。そこに視点きちんと置かれている。

ケアとフェアのマトリクスの話をするときに、育休明けの女性のモチベーション低下については企業の人事の方や経営者の方にお伝えしてきた。こんな制度があれば、企業にとっても個人にとってもいい結果につながりそうだ。