孫は可愛いよ~と聞いてはいたけれど、こんなに可愛いとは。

お宮参りで帰省。初めて我が家に泊まる。大掃除をして万全の体制でお出迎え。まだ、笑わないし、ほとんど寝ているし、おなかがすいたら泣く繰り返し。娘は子育てを余裕でこなしていて、「泣く姿が赤ちゃんらしくて何とも可愛い」と泣きやまない姿に見惚れている。

みんなが余裕を持って接しているからか、孫もどしん!!としたイメージ。のびのび成長しているように見える。1か月前は、抱っこするのも怖かったけれど、だんだん慣れてきておむつ替えもさっと出来るようになった私。赤ちゃんを育てた記憶があまりないが、娘のときは1歳になるまで育休取得してずっと育児に専念していたし、息子もそれに比べると少ないけれど、産まれての頃は、ずっと眺めていたし~と妙な自己効力感が高まってますます面倒をみたくなる。

ばあばになったとき、こんなに現役で働いているというイメージではなかったけれど、ずっと働くばあばでいよう。私の祖母がそうだったように。

働くことへのモチベーションが高まる、高まる。。。