組織内キャリアコンサルティング。よりよくなりたいと願う企業からのご依頼。経営者の思いを形にする。

今、関わらせていただいている組織において、全社員約60名に面談。1日10名ずつを6日間にわたり、朝から夕刻までずっと話を聴いた。

何にどう取り組んでいくかを決めるのは、このプロセスを踏みたい。ある意味、弊社のこだわり。洋服なら既製品ではなく、身体に合わせて立体裁断するような感覚。身体のつくりが、一人ひとり違うように、企業においても、一社一社違う。出来上がったものを、はめ込むのではなく、すべてオーダーメイド。

このこだわりは、どこから来ているんだろう・・・と振り返った。思えば、会社に勤務していたとき、分社化のプロジェクトメンバーに任命され、全社員には及ばなかったが、可能な限り、生の声を聴いたことが思い出された。

そして、今。面談は単なるヒアリングではなく、キャリアカウンセリング。一人ひとりの素晴らしさを全員に感じた。そして、それを伝える。一人ひとりの中にあるきらりと光るものが現れる。

個人の強みが最大限に発揮される組織づくり。個人の成長だけに目を向けるのではない。組織も成長する。成長した組織の中で個人が輝く。

やりがいを持って仕事をすることは、幸せな人生を歩むこと。全員の声を聴いたからこそ出来ること。今から始まる。