女性活躍推進法が施行されてもうすぐ1年が経とうとしている。

女性活躍推進法に基づく、厚生労働大臣認定マーク「えるぼし」は、星の数で三段階の認定がある。えるぼしの定義は、

「えるぼし」とは、女性の活躍推進の関する状況が優良な企業が受けることのできる、平成28年度スタートの新しい認定マーク。認定を受けた事業主は、この「えるぼし」マークを商品や広告・求人票などに対し、PRすることができる。「えるぼし」認定企業であることは性別に関係なく誰もが活躍できる魅力的な企業であることのPRとなり、優秀な人材の確保や企業イメージの向上等に繋がることが期待できる

平成29年1月31日現在の「えるぼし」認定企業数は全国で249社。

島根県では、えるぼし企業の第1号認定企業は、益田市の公益社団法人 益田市医師会。認定段階3

県内第2号認定企業は、株式会社 山陰合同銀行。認定段階2

女性活躍推進に取り組もうとしている企業はめざましく増えている。努力義務の中小企業でにおいても意識の変化を感じている。

課題を分析し、目標を掲げ、取組目標を設定する女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画の受理数はめざましく増えた。希望を感じている。

次のステップ。もっともっと輝く星が増えることをめざす、実現する、弊社の使命感を感じています。