素晴らしかった。

昨年10月からコーディネーターで関わらせていただいている津和野町女性会議。今日は、町長、各課長との意見交換会。まるで町議会のように、質問書を事前に出し、それに対して回答書を得る。さらに再質問を検討し、臨んだ委員たち。

公募で集まった9名。何か見えない糸でつながっていたのではないかと思う。引き寄せられ集まったようなメンバー。事前に集まり、全員で検討し、今日も、開始の4時間近く前から集まり、入念にリハーサル。内容も、ものすごく調べて財源の有効活用をしっかり考えたものになっている。

若い女性が住みやすい町づくり。自分たちのためだけではなく、今、住んでいる若い女性のために。そして、これから住みたい女性のために。声を届ける。

約4時間近くの会が終わるとき、すべての課長の皆さまにフィードバックをいただいた。委員たちの声は確実に行政に届いたと確信した。そして、「迫力を感じた」「参考になる意見ばかりだった」「こんな女性がいることに驚いた」などのお声。

メンバーは、女性大活躍といわれている土地、福岡へ視察に行った。今度は、視察団を迎えたいという気持ちに変わった。田舎だから体験できたことと、この出来事自体に価値を見出し、全員がさらにひとつになった。

まちは、人で変わる。