女性活躍推進法は、10年間の時限立法。2016年4月に施行。来年で、まる2年になる。今の課題を明確にし、取組目標を定め実行する。何となく、進んでいるように見えるが、本質的なことをもっと考える必要がある気がしてならない。落ち着かない気持ちになる。

新聞に「〇〇県は日本で女性活躍1位をめざす」とあるが、その指標はそれでいいのだろうか・・・気になる。例えば、男女の給与差。男女の給与差が少ないことは、確かに基準にはなるが、そもそも男性の給与水準が少ない県において、それでいいのだろうか・・・

もっと、本音で語り合う場が必要な気がする。

そして、言葉にならない使命感を感じている。今、いろいろ考え抜いている。考えるだけでは始まらないので、動きたいという気持ちともっとぶれない軸を探求したいという葛藤。

みんなで考える場をまずは、作ろう。