11月に訪れたお宿。湯布院の「ほたる」お湯の質が素晴らしく、札をかければ貸し切りでお風呂に入れるというサービスもありがたく、お部屋に露天風呂もついていて、しかもかけ流し。お料理も最高に美味しく、あたたかいおもてなし。もう一度、行きたいと思っても、なかなか実行しないが、再び訪れた。今回も素晴らしかった。

そして、宿をあとにして、楽しんだ湯布院の観光。人力車に乗ってみた。大雨の中、申し訳ないなと思う気持ちもありながら・・・

人力車に乗っている間、いろいろなお話をお伺いした。

田んぼが広がる景色。昭和30年頃、何億円を持って、この土地の買収に訪れた方が多かったそうだ。そのとき、所有者の皆さんは、この景色を守るために、お断りしたとのこと。

目の前に広がる景色を見ながら、涙が出そうになった。

お金より大切なもの、守らなければならないもの・・・

どんなにお金があっても、お金では得られないもの・・・

ますます由布院が大好きになった。ちなみに、湯布院と由布院の違いについてもお伺いした。人力車に乗って想像以上に素晴らしい時間をいただいた。

また来たい。