私は、ラクリマ・クリスティのギタリストHIROさんのギターの音を聴き続けている。4月28日にギターソロアルバムを出し、29日にライブを開催された。もちろん、発売日にCDは届き、29日は強行スケジュールでライブへ行った。

そして、その時のライブを収録したDVDとCDが届く。ベースがラクリマのSHUSE。ドラムはLEVIN。レベルが高い。

HIROさんのインタビューも収録されたいた。「いつもアルバムを出しても満足しない。今回も60%の出来具合。」と語る。「満足できないまま、リリースされたのですか?」の質問に対し、「この時に出せる力は出しきった。ただ、出来上がりには、今までも満足できたことはない。」という内容を話された。

いつもこんなにギターが上手いのに謙虚に自分を見つめ、成長し続ける姿を追っていた。今回のアルバムは、短期間で出来る「自信」があったという。自信があるけれど、満足はしない。この姿勢。「自信」と「謙虚さ」は共存する。現状の自分に満足しないことがどれ程、成長に大切か・・・。

人としての生き方から学ぶことが多い。これからも目が離せない。